特集記事

キャラクターとストーリー

August 15, 2019

 
あるブライダル関係者との会話 つづき

 


三澤「ブライダル業界の方は先にストーリーを作ってしまうことが多いんです。」

 

関係者「ストーリー?」

 

三澤「ストーリーと言うよりテンプレートといった方がわかりやすいかもしれません。
自分たちの中で正解を作ってしまうんです。

ストーリーを作れば、商品として分かりやすくて売りやすいんです。
でもストーリーを作ってしまうと、そこに出てくる人たちは予定された正解に向かって演技をはじめてしまうことが多いんです。」

 

関係者「ああ、何となく感じています。演技させてしまっていること。
それが、やらされ感に繋がるのですね。」

 

三澤「私が実際の自宅で花嫁さんの撮影をしている時、こちらのストーリーを相手に求めることはほとんどないんです。
お父さんとか緊張しているときは多少はちょっかい出しますが、そこにいる家の人たちのそれぞれのキャラクターにまかせることが多いのです。そのため時間通りに行くことはほとんどありませんが。
お母さんのキャラ、お父さんのキャラ、姪っ子ちゃんのキャラ、お姉さんのキャラ、それにまかせていくと勝手にストーリーが出来上がっていきますから。」

 

関係者「二人のキャラはいいのですか?」

 

三澤「気付きましたか(笑)

この撮影、実は主役は家の人たちなんです。
感謝するなら主役は感謝される側ですよね。それと同じです。」

 

関係者「あ、主役が二人になっていました。」


三澤「みんなが喜んでくれるから、花嫁さんもうれしい。
花嫁さんが喜んでるから、みんなもうれしい。
そんな現象が起きることを期待しているのです。」

 

つづきは執筆中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

家族が残してくれた六分の動画

February 26, 2019

1/3
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
「自宅で花嫁のすすめ」カバーのコピー.jpg

もうひとつの結婚式の実例集。玄光社刊 2018発行

手にしたみなさんのレビューを集めました。

ウチの新しい撮影テーマ

おばあちゃんをかわいくメイクして
みんなで集まって楽しい記念日をつくろう

日本の結婚式の歴史

ウエディング業界に疑問を持ったときに最初にしたことが、その歴史を調べることでした

写真を撮る人 三澤武彦の公式HP

旅する写真屋 自宅前撮り 自宅結婚式 出張撮影

名古屋市緑区鳴海町花井町6-10 ☎052-623-6547

●当サイトの写真・素材等は著作権で守られています。無断で使用をしないで下さい。COPYRIGHT(C) TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.